« 銀盤のアイドル | トップページ | スキーは楽し »

2005年2月 4日 (金)

冬本番

豆を投げられた気がして出て参りました。
久方ぶりの更新であります。

世の中ではこことかここ、さらにはこんな画像とか。大寒波の恩恵を授かった人があちこちにいらっしゃるご様子。

05NAGAOKA-FUYUいいんです。
週末はワタクシもぱうぱうの予定ですから。
屋根の上で… orz
きっちり大屋根に上ってみせましょうぞ。

日曜日にはもうないよなぁぁぁぁぁぁぁぁ ぁぅ。

ちなみに。
行ったら義父(78歳)が一人で屋根の雪下ろしを終わらせてしまっていたので、若手2人は下ろした雪を片付けさせていただきました。義父曰く「若いのが片付けるとあっというまだなぁ」だそうで…。いや、それはこっちの台詞ですから。私なんかが屋根に登るよりはよっぽど上手に手際よく下ろすのは間違いないのだが、やっぱり心配。もう、そんなに降らないといいなぁ(里には)。

写真は私の実家の前。地震のせいで消雪パイプがずたずたになり、雪を溶かす術がないためものすごい量がたまっていた。子どもの頃は家の前に田んぼが広がっていたので雪の始末は楽勝だった。屋根から田んぼまで下ろした雪でスロープを作ってスキーをしたっけ。もちろんジャンプ台も。今は住宅地になってしまったのでそうも行かず、しかもここしばらくは雪が少なかったためどう始末していいか悩んでいるとのこと。しかも、地震で傾いた目の前の家にも同じように雪は降るわけで…。まだまだ地震を引きずってるなぁ、と思った次第。

|

« 銀盤のアイドル | トップページ | スキーは楽し »

コメント

足滑らせて、屋根から落ちないやうに。
ちなみに、知り合いはそれで腰の骨を折りました。

投稿: さわ | 2005年2月 4日 (金) 10:39

大変なことになってますよ。
との連絡で、こちらも除雪のため急遽里帰り。
240cmの高基礎が雪に埋まり、二階の出窓にまで雪がつく始末。
なんとか凌いで帰ってきたものの、全身筋肉痛。俺も手伝うからと言って始めた巨大雪だるま作りは遠くから眺めているだけ。

投稿: ドラゴン加藤 | 2005年2月 7日 (月) 13:54

知人でもおります>落ちた人
くるぶしとかかとを粉砕骨折しちゃって、かなり入院してました。

湯沢あたりはものすごい雪だったからさぞかし積もったことでしょう。私も雪だるまを作りたかったなぁ。

投稿: ふ | 2005年2月 8日 (火) 00:10

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬本番:

« 銀盤のアイドル | トップページ | スキーは楽し »