« ニセコ反芻(1) | トップページ | ニセコ反芻(3) »

2004年12月29日 (水)

ニセコ反芻(2)

12月24日(第3日目)
クリスマスイブでございますよ。
念願の朝からK3オープンで、花3へ直行。
表面が硬くてちょっと重め。花3、フォレストの後
クリスマスらしくストロベリーへ。笹が多かったけど
やわらかくて美味しかった。量は控えめ。
前日のナイターで遊びすぎたせいか大腿筋が早々に
売り切れ。花園レストハウスでアミノ酸を補充し、
ぼちぼちと宿へ戻る。
「いちむら」で昼飯の後、年賀状作成と称して寝る。
いや、素材を見比べてたら眠くなったんです…
年ですから。ゴホゴホ。

夕飯の後はコテージでクリスマスパーティを開催。
とても甘い美味しいケーキとシャンパンをセイコマで購入。
電気を消して、クラッカーも鳴らしましたとも。
妙なテンションの野郎部屋である(笑)
そう、アタクシはひっそりと咲く野菊のような。

12月25日(第4日目)
朝イチから大腿筋は売り切れ間近。う〜ん。
確か、花3とかK4とかいったんだよね。
でも薄かったんだよね。多分そうにちがいない。
覚えているのは花園レストハウスでアミノ酸補充。
とっとと帰るつもりが、レストハウスエースヒル直下の
コブがものすごく楽しくて、ついうっかりおかわり。
スーパーコースのまばらなコブで仕上げ(売り切れ)。
コブの方が楽って、なんか変だなぁ。う〜ん。
板にちゃんと乗れてないのかもしんないな。
しょぼしょぼと宿へ戻る。hatchとオッキー到着。
HY、ようこ嬢、みほ嬢とご挨拶。

昼飯はシャトルバス利用+徒歩でカリー小屋へ。
タイ風きのこの8辛をいただく。うま〜〜。
平日は送迎してくれるそうだ。帰りはご好意で宿まで
送っていただく。年寄りにはありがたい。ゴホゴホ。

夕飯後、COWへ。毛の多いホステスさんらが熱烈歓迎。
ロンド飯を食べたことをすっかり忘れて食うわ、食うわ。
いやね、笑うと腹が減るんすよ。ほんと。

さらにその後、hatchi持参の美味しいケーキを握り食べ
外にビールを飲みに出かけてみたり。
半ズボンの人がいたり、シアワセそうな人がいたり。
楽しいひとときでした。

さらに続く…

|

« ニセコ反芻(1) | トップページ | ニセコ反芻(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニセコ反芻(2):

« ニセコ反芻(1) | トップページ | ニセコ反芻(3) »