« 現実逃避のおともに… | トップページ | 秋の気配 »

2004年9月 1日 (水)

叱られる

朝まで仕事をしていたので、9時頃まで寝る予定でいたら
階下に住んでいるお母さんのモーレツな怒鳴り声で起こされた。

ふむふむ。

どうやら小学2年生の息子が、夏休みの宿題を終わらせていなかったらしく、登校時間になってモタモタしているようだ。
「どうして早くやらなかったの!」
「今更ムリなんだから!!」
「毎日計画をたててやりなさい、っていったでしょ!」
「あんたは、やる気がないのよ!!」
「毎日毎日だらだらしてて、今頃何してんのよ!」
…… 延々と約30分。

なぜ、今しかる? 昨日のうちに、ちゃんと宿題が終わったか見てあげればいいと思うのだが。アタクシも夏休みの宿題は最後まで残しておく方だった。で、最後の2日くらいで怒濤の追い込みを見せるのだが、見かねた親がちょっと手伝ってくれたり。
……うーん。この、締め切り間際にならないとパワーが満ちてこないのは子どもの頃からじゃん… orz
がんがれ>階下の小学生 こんなオトナになっちゃいかんぞぅ

自分が叱られてるみたいで胃がきゅんっとなった、9月1日の朝(涙)

|

« 現実逃避のおともに… | トップページ | 秋の気配 »

コメント

今しかる親を持った子供は、今しかる親になると思う。
歴史は繰り返す。

投稿: HY | 2004年9月 1日 (水) 08:52

つーか、それは、始業式当日までやらない子供と、当日になって叱る親は、まったくそっくりな性格だってだけじゃないかと。ウチは宿題なんて7月中にやっとくもんだと涼しい顔。こういうときはお得な性格。

投稿: さとしす(satoshis) | 2004年9月 1日 (水) 09:12

唯一の宿題である自由研究を「時間がなくてできませんでした」と言われ、初日からプチ切れし。
イヤミを言ってしまいました。

投稿: 8 | 2004年9月 3日 (金) 01:27

友達のウチに遊びにいって、一緒に宿題をやったり自由研究をやったりしてたなぁ。そういえば。
「時間がなくてできませんでした」って…。子どもの頃にそんな言いわけ覚えちゃったら、どんなオトナになるんだろう。切れてヨシ!だわよ。

投稿: ふ | 2004年9月 3日 (金) 02:05

自由研究か…人によっては、重荷でしょうね。自分も「読書感想文だけが宿題」だったら、42日間ずーっとブルーだったでしょう。それで提出できずに、言い訳したらイヤミ言われて…ひ~。…自由研究なんて博物館行って、模造紙にまとめれば2日でできるけど、そういうずるいことができない素直さが、もしかしたら貴重かも?(深読みしすぎか)

投稿: さとしす(satoshis) | 2004年9月 3日 (金) 10:15

うちの娘はA2サイズくらいの紙に、たんぼで拾ってきたオタマジャクシの成長日記らしきものを作ってました。
親にいわせれば、作品にヒネリが感じられない・・・などと評論家してますが、これはこれでヨシと・・・

投稿: さんちゃ | 2004年9月 3日 (金) 11:48

夏の風物詩か?!
「やべぇ…どうすべぇ。」と思ってるのは、本人が一番なのにねぇ。母ちゃんも、何も自分がイヤミ言われるんじゃなんだから、ほっとけばいいのに。
「ゆとり教育」崩壊、のあおりの直撃をくらったか、スズカも山盛りの宿題をだされてましたよん、1年生なのに。

投稿: わやや | 2004年9月 3日 (金) 14:29

小学校1年生の宿題ができていないのは親の責任。
8月26日に帰国した私は、28日になって真っ白な日記、真っ白な国語と算数のプリント、真っ白な生活予定表、なくなってしまったらしい朝顔観察日記、なにもできていないらしい自由課題、等々を発見し、上記お母さんの剣幕でダンナを叱り飛ばしました。。。

ちなみに国語と算数のプリントは、最後までやったのですが、後日間違えて捨てられてしまったようで、見当たりません。。(爆)

投稿: | 2004年9月 3日 (金) 17:09

夏休みの宿題のシメはいつも読書感想文だった(笑)。おたまじゃくしの観察日記もつけたっけ。途中で全部死んじゃって、今考えると結構シュールな自由研究だったかも。
みんな、お父ちゃんとお母ちゃんかぁ。シミジミ。叱るのは、やっぱりお母ちゃんの役割なのかしらん。

いらはい>わやや うちの旦那、スズカファンですわ
叱るのも濃密な愛情表現、てことね>Pちゃん

投稿: ふ | 2004年9月 4日 (土) 02:55

子供の頃、夏休みの宿題は二日か三日で片付けた、まあ、振り返ってみれば厭味な子供でした。大人になって多少性格は良くなったんだけど、その分原稿はいつも締め切りに間に合いません。8月の始めに予定していた北海道のプレゼンが9月の9日。私は成長したのか、退化したのか。それともどこかで入れ替わったか。

投稿: 加藤@SNOW | 2004年9月 4日 (土) 11:55

東北は8月の4週目くらいから学校が始まっちゃうので、9月1日の意味を知ったのはけっこう後でした。

夏休みの友は、親と先生には「やった」と平気で嘘をつき、答え合わせの時間は落書きして遊んでいたという恐ろしい子供だったのを覚えております。

投稿: アンちゃん | 2004年9月 5日 (日) 16:31

原稿は締め切り間際に書くものなので、落とさなければ大丈夫です。あのヒヤヒヤ感は癖になります(違)
「アン……恐ろしい子」by姫川亜弓

投稿: ふ | 2004年9月 9日 (木) 11:55

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 叱られる:

« 現実逃避のおともに… | トップページ | 秋の気配 »